蔓/茨

翻る緑の眼 裏返る赤い肌
情動は旋律を剥がし 今 七十の堰を知る

嘆きあう揺籃の靴 笑いあう騒乱の花
砲撃は殲滅を亡くし 只 霊獣の呼気を聞く

おお!金襴緞子の幼子は!

巨人は骨子を抜かれ 僅かばかりの歌
這い回れば蛹にもなろう 踊り狂えば焔にもなろう
燐光は幾重にも まとわりついてまとわりついてく
この身 この世との境界を曖昧に埋めていく

流れゆく迅速なる蝿 剥がれゆく蹈鞴踏む蔦
渉猟は隠滅を飛ばし 故 苦渋の月を食む

忘れ凪ぐ愛凛として不浄 焦れ鳴く離心として無明
照覧は陰脈を殺し 昂 心中と死鬼を為す

ああ!魑魅魍魎のしんがりを!

羅漢は斬撃で裂かれ 赤いばかりの性
蠢くなら水子にもなろう 焼かれるなら毒にもなろう
虐行は臓腑より はきだされてはきだされていく
この手 この珠との連環を惨劇へと導いている
[PR]
by HALinNT | 2012-03-02 23:40 |